看護師の仕事をしていますが疲れたとき、ストレスに押しつぶされそうになったとき呟きます。

① 看護部長と面接

看護師の仕事に疲れてしまった私は時間をかけて考えた結果、看護師の仕事を少し軽めの勤務にすることにしました。

過度のストレスによりシワは増え顔は老けて見られるようになりました。

最近は体の外側からと内側から若返るようにスキンケアに力を入れています。

いま現在の職場(市民病院消化器内科病棟)の面接を受ける前、私は外来を希望。

特に深い理由なんてありません。

病院の外来で働いた経験はこれまで無かったので、新しい働き方を開拓してみたいと思ったくらいです。

派遣会社の担当コーディネーターさんにももちろんそのことは話していましたし、先方の人事課にも外来希望で話をつけておいてくれました。

でも看護部長と面接をした時、いきなり「今外来よりも、消化器内科病棟での人手不足が深刻なのよ~。あなたは消化器内科の経験長いから、ちょうどいいわね。」

みたいな感じで、かなり強引に配属を決められました。

これにはコーディネーターさんもびっくり、タジタジ。

私と看護部長の顔色を交互に見て、『え~!!外来に配属してもらえるつもりで面接受けに来てるのに!!人事課と話ついてなかったのっ?!』

心の声が聞こえてきました(笑)

(まあでも、外来は外来で仕事の流れに慣れるまで大変そうだし、病棟の方がすぐに仕事覚えられるし…)

(特別なこだわりがあって外来を希望してるワケでもないし…)

結局看護部長に押し倒される形で、消化器内科病棟に決定しました。

私の気が変わらないうちに…と思ったのか、その後いきなり配属の病棟に挨拶に行かされ、
さらにその後、採血やレントゲン・尿検査・視力検査・心電図など、健康診断まで受けることに…。

白衣の試着とID用の写真撮影、ロッカールームの使用や鍵の受け渡しなどまで一気に進み、

面接当日の時点で既に、『明日からでも働ける状態』に仕立て上げられました(笑)

「こんなに必死に人捕まえようとするって、どんだけ人手不足なのっ?」

この時の予想は見事に的中。

病棟は慢性的な人手不足で、連日目が回るほどの忙しさです。

◎スタッフ2人が妊娠(1人はもうすぐ産休、もう一人は悪阻でノックアウト中)

◎中堅看護師1名、研修のため半年間出張扱い

◎2年目のスタッフ1名、心理的ストレスで休みがち

もちろん正社員での欠員補充は、年度末まで予定なし。

ひえ~!!

「ものすごいところに配属されてしまった…。」

これが正直な感想です。

⑥ ちょっとした不満Ⅱ

派遣看護師に麻薬の受け取り~金庫に入れるところまでをさせるってどうなのよ?!

いや、派遣でも正社員でも、看護師であることに違いはありません。

だから全く違法でもなんでもないのかもしれません。

でも、麻薬の管理に関して、めちゃめちゃ厳しいルールがあって、スタッフ全員がそれを忠実に守るという環境で長く働いていたいっちーにとって、

「ちょっと薬局行って、薬取って来てくれる?」という感覚で、正社員ではない私に伝票を預けるのがちょっと…。

私の経験や仕事ぶりを見て大丈夫と判断したから頼んでいるのだとは思いますが、私がリーダーだったら(患者さんに与薬する以外の場面で)派遣スタッフには麻薬は触らせないと思う。

金庫に入れる前に数の確認等はもちろんしっかりやりますが、派遣の割にどんどん責任が重い仕事が増えて行くことにも疑問を感じます。

やっぱり市民病院の病棟だから、受け入れ先自体が派遣スタッフの扱いに慣れていないというのが、一番の問題なのかもしれません。

忙しすぎるから仕方がないのかもしれないけれど、正社員がする仕事と派遣スタッフに任せてもいい仕事を明確に区別してもらわないことには、しんどくなるばかりですよね…。

そうこう考えているうちに、ちょっと大きめの事故が起こりました。

私がたまたま休んでいた2日間に起きた騒動だったので、人づてに聞いた話だけですが、それでさらに今の病棟で派遣スタッフとしてやっていく自信がなくなる…

というか、やる気がなくなる出来事があったのです。

事故の内容について、詳しくは書けませんが―

ハッキリと事故に至った経緯が分からないにも関わらず、病棟当直バイトだけで来ている派遣看護師のSさんの責任になってしまいました。

Sさんはたまたま同じ派遣会社のスタッフで、私が入職する1ヶ月前から、結婚資金を貯める目的で夜勤アルバイトをしていました。

休みの日にSさんから半泣きで電話がかかって来て、事故の概要などを知りました。

なんとSさん、当直夜勤アルバイトスタッフにも関わらず、事故に関する話し合いの為、勤務日以外の日中に師長から呼び出しを受けて、病院に向かう途中に私に電話をかけてきたんです。

また続きは次回へ☆―