看護師の仕事をしていますが疲れたとき、ストレスに押しつぶされそうになったとき呟きます。

① 看護部長と面接

看護師の仕事に疲れてしまった私は時間をかけて考えた結果、看護師の仕事を少し軽めの勤務にすることにしました。

過度のストレスによりシワは増え顔は老けて見られるようになりました。

最近は体の外側からと内側から若返るようにスキンケアに力を入れています。

ごぼう茶を飲んだり、人には言えないくらいの高額の化粧品を使用するようになりました。

現在の職場(市民病院消化器内科病棟)の面接を受ける前、私は外来を希望。

特に深い理由なんてありません。

病院の外来で働いた経験はこれまで無かったので、新しい働き方を開拓してみたいと思ったくらいです。

派遣会社の担当コーディネーターさんにももちろんそのことは話していましたし、先方の人事課にも外来希望で話をつけておいてくれました。

でも看護部長と面接をした時、いきなり「今外来よりも、消化器内科病棟での人手不足が深刻なのよ~。あなたは消化器内科の経験長いから、ちょうどいいわね。」

みたいな感じで、かなり強引に配属を決められました。

これにはコーディネーターさんもびっくり、タジタジ。

私と看護部長の顔色を交互に見て、『え~!!外来に配属してもらえるつもりで面接受けに来てるのに!!人事課と話ついてなかったのっ?!』

心の声が聞こえてきました(笑)

(まあでも、外来は外来で仕事の流れに慣れるまで大変そうだし、病棟の方がすぐに仕事覚えられるし…)

(特別なこだわりがあって外来を希望してるワケでもないし…)

結局看護部長に押し倒される形で、消化器内科病棟に決定しました。

私の気が変わらないうちに…と思ったのか、その後いきなり配属の病棟に挨拶に行かされ、
さらにその後、採血やレントゲン・尿検査・視力検査・心電図など、健康診断まで受けることに…。

白衣の試着とID用の写真撮影、ロッカールームの使用や鍵の受け渡しなどまで一気に進み、

面接当日の時点で既に、『明日からでも働ける状態』に仕立て上げられました(笑)

「こんなに必死に人捕まえようとするって、どんだけ人手不足なのっ?」

この時の予想は見事に的中。

病棟は慢性的な人手不足で、連日目が回るほどの忙しさです。

◎スタッフ2人が妊娠(1人はもうすぐ産休、もう一人は悪阻でノックアウト中)

◎中堅看護師1名、研修のため半年間出張扱い

◎2年目のスタッフ1名、心理的ストレスで休みがち

もちろん正社員での欠員補充は、年度末まで予定なし。

ひえ~!!

「ものすごいところに配属されてしまった…。」

これが正直な感想です。

⑦ ちょっとした不満Ⅲ

~ちょっとした不満~でⅢまで行くって、全然ちょっとした不満じゃないしっ!――

と、自分で突っ込みを入れてみました(笑)

ちょっとした不満が積み重なり、それはやがて大きな問題を引き起こし、ゆっくりと崩れて…そうそう、なんでもそうです。

仕事に対する不満でも、恋人同士や夫婦のトラブルでも、ある日いきなり起きるってもんではありませんよね。

慢性的なスタッフ不足に陥った病棟に配属されたことによって、派遣看護師の割に責任が重くなってきました。

そして同じ派遣看護師の道を行く仲間が1人、経緯が明確ではないにも関わらず、事故を起こした人として始末書を書かされました。

派遣看護師は、正社員にはない開放感の中で看護の仕事が出来るから、働き方自体とても自分に合っていると思います。

でもその分、今回のSさんの事例のような出来事が起きた場合、途端に立場が弱くなる…。

Sさんの一件では派遣会社のスタッフさんも出てきて、話合いの場を持ったそうですが、師長さんはSさんがやったことにしたいと初めから決めつけていたようで、公平な話し合いにはならなかったそうです。

Sさんは本当に気の毒でしたが、人の事を心配してばかりは居られません。

私だって、Sさんと同じ派遣看護師の立場です。

みんな信頼しきって仕事を頼んでくれますが、何か起きた時は、誰もそこまで庇ってくれないってことが露呈した一件でした。

明日は我が身…。

自分もいつ、Sさんと同じようなトラブルに巻き込まれてもおかしくない。

こう考えると、「よし!今日もいい動きをして、気持ちよく働くぞ!」という気持ちが続かなくなって来ます。

6月末で一度契約を更新したので、次の更新は9月末。

家庭や勉強との両立のこともあるし、次の更新の時期で辞めてもいいかな…。

ジプシーナースの旅はまだまだ続きます☆