⑦ ちょっとした不満Ⅲ

看護師の仕事をしていますが疲れたとき、ストレスに押しつぶされそうになったとき呟きます。

⑦ ちょっとした不満Ⅲ

~ちょっとした不満~でⅢまで行くって、全然ちょっとした不満じゃないしっ!――

と、自分で突っ込みを入れてみました(笑)

ちょっとした不満が積み重なり、それはやがて大きな問題を引き起こし、ゆっくりと崩れて…そうそう、なんでもそうです。

仕事に対する不満でも、恋人同士や夫婦のトラブルでも、ある日いきなり起きるってもんではありませんよね。

慢性的なスタッフ不足に陥った病棟に配属されたことによって、派遣看護師の割に責任が重くなってきました。

そして同じ派遣看護師の道を行く仲間が1人、経緯が明確ではないにも関わらず、事故を起こした人として始末書を書かされました。

派遣看護師は、正社員にはない開放感の中で看護の仕事が出来るから、働き方自体とても自分に合っていると思います。

でもその分、今回のSさんの事例のような出来事が起きた場合、途端に立場が弱くなる…。

Sさんの一件では派遣会社のスタッフさんも出てきて、話合いの場を持ったそうですが、師長さんはSさんがやったことにしたいと初めから決めつけていたようで、公平な話し合いにはならなかったそうです。

Sさんは本当に気の毒でしたが、人の事を心配してばかりは居られません。

私だって、Sさんと同じ派遣看護師の立場です。

みんな信頼しきって仕事を頼んでくれますが、何か起きた時は、誰もそこまで庇ってくれないってことが露呈した一件でした。

明日は我が身…。

自分もいつ、Sさんと同じようなトラブルに巻き込まれてもおかしくない。

こう考えると、「よし!今日もいい動きをして、気持ちよく働くぞ!」という気持ちが続かなくなって来ます。

6月末で一度契約を更新したので、次の更新は9月末。

家庭や勉強との両立のこともあるし、次の更新の時期で辞めてもいいかな…。

ジプシーナースの旅はまだまだ続きます☆

⑧ 仲間へ続く…。